死ぬまでに絶対に読むべき!ボロクソに泣ける感動小説10選【これぞ涙活?涙が止まらないオススメ小説】

泣ける小説・・・それはたくさんありますが「ぼろくそに泣ける」となると、これはかなり数もぐんと減ります。
そんな、涙が枯れるほどに泣きたい人にお勧めの「ぼろくそに泣ける小説」おすすめを10作用意してみました。
それでは「死ぬまでに絶対に読むべき!ボロクソに泣ける感動小説10選【これぞ涙活?涙が止まらないオススメ小説】」をお楽しみください。

1|『青い鳥』重松清(新潮文庫)


生徒と教師の交流の中で紡がれていく、やさしくも切ない連作短編小説。学園ものというのは、古今東西感動する小説の基本中の基本とも呼べるものですが、暑い感動の涙をというよりも、どことなくやさしくそしてジワリと心が温かくなるそんな感動を与えてくれる小説です。しかし一方で、しっかりと泣けます。激的な出来事も、そして熱血シーンもないけれど、人間の心の一番柔らかい部分にそっと触れてくる、そんな涙を体験できる作品です。

2|『とある飛空士の追憶』犬村小六(ガガガ文庫)


いわゆるファンタジーラノベでありながらも、深く鋭い感動と悲しみの涙を流させてくれる傑作。迫害された孤児である主人公が、皇国のお姫様を1万2千キロ彼方の皇国へと導く任務を与えられることで始まるこの物語は、その先に、当然、別れが待ち受けていることを予感させます。その、結末がどうなるのかなんて野暮なことは書きませんが、それでも、最後のシーンは涙なしでは読めません。その涙が何のために流されるどんな涙なのか、どうかご自身でお確かめください。

3|『失われる物語』乙一(角川文庫)


絶望的な状況に置かれた主人公に降りかかる、苦しみと後悔の日々。ある意味ここまで残酷で、そして意地の悪い、また、自分に降りかかったとしたら、恐怖で夜も眠れなくなるようなシチュエーションの小説はなかった、といえる怪作。脳死という、意識不明の状況でありながら、実は意識があるという設定で繰り広げられる物語は、人間の尊厳の奥深くに切り込む、深い感動を与えてくれます。

4|『旅猫リポート』有川浩(講談社文庫)


猫好きの猫好きによる猫好きのための小説。とにかく猫が好きな人が読めば、それはもう、一日中泣いたって足りないくらい、感動の涙で目が真っ赤になってしまうこと間違いなしな名作です。もちろん、猫好きでない人にも楽しめる名作ですし、きっと感動できますし、泣けます。しかし、やっぱりこれは猫好きの人にこそ読んでいただきたい。猫が好きでよかったと思える作品です。

5|『博士の愛した数式』小川洋子(新潮文庫)


いまや、おもしろい小説探しの基本である本屋大賞の記念すべき第1回受賞作。映画化もされて日本中を感動の渦にまき込んだ作品としても有名で、もちろんその原作である本作も間違いなく泣ける一冊です。とにかく全編を通して、優しさと慈しみにあふれていて、そのすべてが胸に迫る感動を与えてくれます。80分しか記憶の持たない博士と家政婦の温かい恋のお話です。

6|『夏の庭』湯本香樹実(新潮文庫)


死という大きな命題に挑む少年たちに、楽しくも切ないひと夏の記録。その設定自体は、やや残酷で、少年らしさともいえるその酷薄なまでの感情から、死というものの本質を見たくなった主人公たちは、死にそうな老人と交流を深めていきます。そして、彼らは、その老人と仲良くなる中で、きっと本当の意味で「生」を知っていきます。死によって完結される生の中で生まれてモノ、失われていくもの。そのコントラストの中で、ユーモアと感想のコントラストがより引き立っていくお話です、

7|『永遠のゼロ』百田尚樹(講談社文庫)


いろいろと物議をかもす発言で有名な百田尚樹さんですが、その小説はまた彼のメンタリティーとは別物。第二次世界大戦という過酷な時代の中で、特攻という手段によって命を失った少年や青年の物語が、あまりにリアルで心に迫る描写で描かれる傑作中の傑作。涙なしではなく、嗚咽なしには読み終えることのできない、そんなストーリーです。

8|『神様のカルテ』夏川草介(小学館文庫)


医療の現場、命と死を見つめる現場の小説もまた、感動の涙を禁じ得ない小説が多いですよね。しかし、なんとこの物語の主人公は「悲しむことができない」変人のお医者さんです。でも、だからこそ、淡々とつづられて行く命の物語は、時にほっこりと心をいやしてくれ、そして、激しさはないけれど、音もなく涙を流させる感動が生まれてきます。優しい優しい、感動作です。

9|『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キイス(早川書房)


世界的な大ベストセラーとなった感動巨編、アルジャーノンに花束を。僕は個人的にこの物語を人に勧めるときは「吐くほど泣ける小説だ」ということにしている、という程にとにかく泣ける一冊です。 ですから多くは語りませんし、語ることはできません。読んでください、そして、あなたにも、目が痛むほどの涙を体験してほしいと思っています。

10|『聖の青春』大崎善生(講談社文庫)


いまや国民栄誉賞受賞者となった、永世七冠王「羽生善治」の終生のライバル。もう肩を並べることも、追いつくことも、追い抜かれることもないそのライバルである村山聖の一生を記した、珠玉のノンフィクション。一瞬の天才のきらめきに込められた、命の炎。若くして燃え尽きた棋士の命の輝きに、涙を止めるすべをなくしてしまうことでしょう。

涙は心のシャワー

日々のストレスや心におりのようにたまった不快な感情。涙はそれを押し流してくれる最高のシャワーとなるものです。
ぜひ、珠玉の感動小説を読んで、心にたまったいろいろなものをすっきり押し流してみてはいかがですか?

高校生の朝読書で読むべき!おすすめの人気小説本・書籍15選【青春/恋愛編】

2018.11.30

冬休みに読みたい!クリスマスや年末年始を題材にしたおすすめの小説・本15選

2018.10.08

【冬休みの宿題】小学生・中学生のおすすめ!読書感想文にぴったりの読みやすい本・小説15選

2018.10.06

【冬休みの宿題】高校生のおすすめ!読書感想文にぴったりの読みやすい本・小説15選

2018.10.05

本屋大賞ノミネート本から選ぶ!おすすめの小説・本20選

2018.09.15

死ぬまでに絶対に読むべき!涙なしでは読めない感動小説・本20選

2018.09.15

高校生・大学生が本当に読むべき!おすすめ小説・本10選【面白い本・書籍で視野を広げよう!】

2018.09.13

【2018年度版】誰が読んでも面白いこと間違いなし!おすすめ小説ランキング

2018.09.08

【読書の秋】小学生が読むべきオススメ小説・本5選(低学年/男の子向け)

2018.09.07

【読書の秋】小学生が読むべきオススメ小説・本5選(低学年/女の子向け)

2018.09.03

死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめの歴史小説20選【歴史から新たな知見を得よう!】

2018.05.05

死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめの青春・恋愛小説21選【恋の気持ちを思い出して、キュンとしよう!】

2018.05.05

夏休みに読みたくなる!青春を感じる現代小説10選【真夏に読むべき青春小説】

2018.05.02

死ぬまでに絶対に読むべき!ファンタジー・SF小説20選【想像上の世界からインスピレーションを得よう】

2018.05.02

死ぬまでに絶対に読むべき!ボロクソに泣ける感動小説10選【これぞ涙活?涙が止まらないオススメ小説】

2018.05.02

一度は読んでおきたい!日本のオススメ有名小説10選【日本の偉人が書いた名作小説を読もう】

2018.05.02

【夏休みの宿題】小学生のおすすめ!読書感想文におすすめの読みやすい本・小説12選

2017.08.11

【夏休みの宿題】高校生のおすすめ!読書感想文におすすめの読みやすい本・小説20選

2017.06.25

【夏休みの宿題】中学生のおすすめ!読書感想文におすすめの読みやすい本・小説15選

2017.06.24

【読書の夏】夏休みに一気に読みたい本・小説10選【長期休暇に本を読んで心をリフレッシュ!】

2017.06.09

読んだら絶対に人にオススメしたくなる本・小説ランキングTOP10

2017.05.31

死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめのファンタジー小説20選【新作からレジェント級の名作まで】

2017.04.30

死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめのミステリー・推理小説30選【面白い本を見つけて読書をさらに楽しく】

2017.02.04

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です