CATEGORY 文学・小説

高校生の朝読書で読むべき!おすすめの人気小説本・書籍15選【青春/恋愛編】

朝の時間を有効活用して行う朝読書。一日の中で最も頭の中がまっさらな状態で行う読書は、心を最も刺激する読書といえますから、ここはその日の学校生活をより楽しくする小説を読んでおきたいですよね。となるとやはり、青春物や恋愛もの。というわけで今回は、高校生活を楽しくする青春小説や恋愛小説を、ご紹介しますね。

冬休みに読みたい!クリスマスや年末年始を題材にしたおすすめの小説・本15選

冬がやってくると、気になってくるのがクリスマスやお正月。もちろん、その時をしっかりと楽しむというのも素敵な過ごし方で間違いありませんが、クリスマスや年末年始が来る前に、その時の気分に浸りたくなる時もありますよね。特に、11月ごろから流れてくるクリスマスソングなんかそんな気分にさせてくれます。そこで今回は、クリスマスや年末年始気分に浸ることのできるおすすめの小説をご紹介。一足先に、そんな気分を先取りしてみてはいかがでしょうか。

【冬休みの宿題】小学生・中学生のおすすめ!読書感想文にぴったりの読みやすい本・小説15選

小学生・中学生の長期休みといえば読書感想文。宿題の中でもこれが一番頭を悩ませるという人や、親御さんも多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんな読書感想文を書くうえで、おすすめの小説をご紹介します。読みやすいものから、読む価値のある名作までいろいろと紹介いたしますね。それでは「【冬休みの宿題】小学生・中学生のおすすめ!読書感想文にぴったりの読みやすい本・小説15選」をお楽しみください。

【冬休みの宿題】高校生のおすすめ!読書感想文にぴったりの読みやすい本・小説15選

高校生が選ぶ読書感想文の本の基準。それはどちらかというとこういうものがいいというよりも、こういうものは避けておいた方がいいという基準で、それさえ守っていれば普通にどんな小説でも構いません。要は、バイオレンス、性的描写などを避ければ、なんでもいいわけです。ということで今回は、そんな高校生の核読書感想文のネタの中でも、より読みやすいものを厳選してご紹介いたします。

死ぬまでに絶対に読むべき!思わず笑ってしまう面白い小説・本20選【笑いを明日の力に!】

面白い小説というのにもいろいろなジャンルがありますが、その中でも特に少ないのが笑える小説。特に声を出して笑ってしまうような小説というのはなかなかお目にかかることはなく、泣ける小説の三分の一もないのではないかと思えるほどです。しかし、ないわけではない。今回は、そんな思わず声に出して笑えるような小説を20作おすすめします。

本屋大賞ノミネート本から選ぶ!おすすめの小説・本20選

いまや本読みにとって直木賞芥川賞よりも大事な本屋大賞。誰よりも小説に詳しい本屋さんが選ぶ大賞だけに、先入観のない純粋に面白い小説が選ばれることで有名で、本読みの指針としてはこれ以上ないものだと言えます。今回はそんな本屋大賞(受賞作品とノミネート作品)の中から、20冊を厳選して、中でも面白いものを紹介していこうと思います。それでは「本屋大賞ノミネート本から選ぶ!おすすめの小説・本20選」をお楽しみください。

死ぬまでに絶対に読むべき!涙なしでは読めない感動小説・本20選

小説を読んで涙を流す瞬間って、本当に良いですよね。その感動がまるで自分のことのように思えて心が温かくなったり、引き裂かれそうな悲しみもリアルではない分間道に変わったり。しかも涙を流す行為はストレスの発散にもなるようですから、いいとこだらけです。ということで今回は落涙必至な感動小説20選をお送りいたします。

高校生・大学生が本当に読むべき!おすすめ小説・本10選【面白い本・書籍で視野を広げよう!】

高校から大学までの7年間。人間にとって最も多感な時期で、これからの人生を大きく左右する10年足らずの時間は、時の長さだけでは語れない大きな意味を持っています。そんな時に読む本ですから、それは人生を変える本になる可能性もあるわけで。ぜひ良い本を読んでいただきたい、ということで、今回は高校・大学の時期に読むべきオススメの小説・本10選をお送りします。

【2018年度版】誰が読んでも面白いこと間違いなし!おすすめ小説ランキング

読書の秋になりました!そこで今回は、2018年度版、絶対面白い小説ランキングをお送りします。様々なジャンルを取り揃えてお送りしますので、きっと皆さんの素多岐な読書ライフの参考になること間違いなしですよ。それでは「【2018年度版】誰が読んでも面白いこと間違いなし!おすすめ小説ランキング」をお楽しみください。

【2018年上半期】本好きの間で話題となった小説3選

これといって読みたい小説がないな、という時がありますよね。新しい小説は読みたくても、なんとなく表紙買いしたりするのもかけにはずれた時を考えると億劫だし、電子書籍のレビューも結局当てにならないことが多い。ということで、今回はそんなあなたに2018年話題になった小説3冊をご紹介します。少なくとも面白くないということだけは、ないですよ。