40代におすすめ!社会人が読むべきビジネス本・書籍10選

社会人になって約20年、40代サラリーマン。もう流石に新人とは言えませんが、とはいえベテランと言うには少し早い、まさに中堅の頃である40代のサラリーマンというのはかなりむずかしい立場にあります。というのも、このまま現状維持だた場合の先がしっかりと見えてしまっている事が1つ。そしてそれと同時に、もし現状維持のままで見えている現実に逆らって新しいことを始めるとしてもこの年令あたりがある意味タイムリミットだからです。しかも身体は目に見えて衰えてくる、責任は重くなり、家庭が重くのしかかってくる。そんな40代の皆さんに送る、40代のための読んでおくべきビジネス本や書籍です。

死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめのミステリー短編小説10選

今や空前のミステリーブーム。本屋さんの平積みからベストセラーまで、そのほとんどがミステリーに占拠されるほどにミステリー小説の人気は衰えるところをしりません。そういえば、いわゆる有名作家さんの殆どが、今やミステリー作家さんですからね。そこで今回は、そんなミステリー小説、特に短編を中心にピックアップしてみました。大物作家さんから隠れた名作まで、皆さんのミステリー心をくすぐる作品を10作ご紹介いたします。

感動で泣く!おすすめの青春小説15選

青春ってある一定の年齢を過ぎるとなんとなく意識してしまう言葉ですよね。いわゆる青春時代真っ盛りの頃は、そんなこと意識もしなかったのに、過ぎてしまってからわかる…その時代の輝きは遠い時間の果てで眩しいくらいです。もちろん、素敵な青春を過ごした人もそうでない人もいるとは思いますが…。しかし、小説の中でなら自分が理想とする青春時代を感じることができます。様々な青春小説を読んで、その切なさや感動に包まれ、涙してみるのもいいですよね。

本好きだからオススメできる!現代小説10選

小説を人に勧めやすいのはやはり現代小説。特に、読書があまり得意でない方の入門としてはかなりハードルの低い分野でもありますし、本好きとしてはぜひ読書好きになってもらいたいので、勧め甲斐のあるものです。まあ、最近はファンタジーもそんな感じですが。でも、やっぱり今の時代がリアルにわかる現代小説は、よいものです。ぜひ参考にしていただいて、本好きへの道をまっしぐらに進んでいってほしいものですね。

人生で一度は読むべきオススメの本・小説15選

人生で一度は読んでおきたい小説。それはいろいろな観点から選ぶことができるとは思いますし、結構な数存在するものではあります。そこで今回は、あまり紹介されていない本の中から、大人も夏休み中に読める小説をピックアップしてみました。隠れた名作という感じで、人生で一度は読んでおくべきオススメ小説・本を紹介していきますね。

泣けるのに面白い!青春時代を思い出す!おすすめの小説本15選

時には泣きたい時もある。なんて日は誰しもあるもので、しかも青春時代のあの甘いような切ないような気分を思い出して泣きたいというのは大人は誰しも思うものですよね。そして、いままさに青春時代にある人にとっては、等身大の感動を味わいたいもの。そこで今回は、そんな泣ける面白い青春小説をピックアップしてみました。おすすめの青春小説を厳選してご紹介します。

一般教養を学ぶために読むべき!おすすめの本・書籍10選

社会に出てから必ず必要になるもの、それは一般教養。とはいえ一般教養というものはかなり分野というか概念の広いもので、それこそマナーから政治、国際状況など様々な分野において一般教養というものは存在します。そこで今回は、そんな一般教養を学べる本・書籍をピックアップ!社会に出る前でも、当然社会に出てからでもしっかりと見に付けておきたい一般教養が学べる本・書籍を選んでみました。

絶対に読むべき!経営者が読むべきオススメのビジネス本・書籍10選

経営者が読むべきビジネス本・書籍と一言で言ってもいろいろな立場があります。というのも経営者にも様々な経営者がいて、ただ単に規模の話だけをしても一流企業の経営者から中小企業の経営者、それこそ個人事業主の方も当然、経営者です。カテゴリーとしても最先端企業から伝統企業まで同じ観点で経営を語ることはできません。とはいえ、その経営者としてのあり方心構え、そしてビジョンのようなものは会社の大小や種別によって異なるものではないでしょう。そこで今回の記事では、システム論などではなく、経営をどう考えるのかという理念に偏った形でおすすめのビジネス本・書籍をご紹介していきましょう。

ブームを巻き起こした!時代を象徴する本・書籍8選【流行を生んだ本たち】

令和の時代なって、少し過去を振り返るような番組が多かった昨今。様々なブームが生まれては消えていった時代に、同じようにブームを巻き起こした本・書籍というものが存在して社会現象といわれるような大流行をしたものもありました。そこでここでは、そんなブームを巻き起こした時代を象徴するような書籍を紹介します。その軌跡を一緒に辿りましょう。

【読書感想文】大学生が読書感想文を書きやすいオススメの小説・本15選

大学生になっても読書感想文を書かなければいけないことがあります。読書感想文というと高校生までという印象ですが、最近は特に大学生の課題として読書感想文のレポートを出すことも多いので、準備は必要です。また、あくまでそれは高校の時までのものとは違います。読書感想文で、読んだ本の感想だけを書くようでは、大学生の課題レポートとしては失敗と言っても過言ではありません。その読書があなたにとって何をもたらしたのか?もしくは、その読書を通してどのような発見があったのか?そこまで言及できてはじめて、それは読書感想文と呼べるものになるのです。

【読書感想文】小学生が作文を書きやすいオススメの小説本・書籍15選

小学生の読書感想文の一番のポイントは、読めること。何よりもまず、感想文を書く題材としての本をしっかりと最後まで自力で読んでしまえない事には感想文を書くことはできません。ですので、重要なことは背伸びをしない事なんですね。特に小学生にとって、読めない文章を読まされることはかなり苦痛。実際、読書感想文を書かされることで本嫌いになる子供も多くいますので、その辺にしっかり気を付けて、読書感想文のクオリティよりも楽しんで読むことに心がけましょう。

【読書の時間】高校生が面白く読める!オススメ小説・本10選

高校生にとって読書というのは一生の宝になるものです。なんといっても人生で最も感受性が高まり、柔軟な思考を持てる時期ですので、このころに読んだ本というのは人生の大きな指針になることも少なくありません。少なくとも、本好きになるかどうかを決めるポイントにはなるでしょう。そこで今回は、高校生が面白く読める本と題して、高校生におすすめできる素敵な小説をご紹介していきます。

【読書感想文】中学生が読書感想文を書きやすいオススメの小説・本15選

読書感想文が苦手な中学生の皆さんやそんなお子様を持つ親御さん。8月31日が近づくにつれて、今年も読書感想文を書かなきゃいけないと思うだけでうんざりしますよね、しかも小学生のころと比べてちょっとレベルも上げなきゃいけないですしね。高校受験を考えると、教師受けも気になるところです。というわけで今回は、教師人の受けの良い読書感想文にぴったりなオススメの小説本15選を送りいたします。