CATEGORY ビジネス・経済

一般教養を学ぶために読むべき!おすすめの本・書籍10選

社会に出てから必ず必要になるもの、それは一般教養。とはいえ一般教養というものはかなり分野というか概念の広いもので、それこそマナーから政治、国際状況など様々な分野において一般教養というものは存在します。そこで今回は、そんな一般教養を学べる本・書籍をピックアップ!社会に出る前でも、当然社会に出てからでもしっかりと見に付けておきたい一般教養が学べる本・書籍を選んでみました。

絶対に読むべき!経営者が読むべきオススメのビジネス本・書籍10選

経営者が読むべきビジネス本・書籍と一言で言ってもいろいろな立場があります。というのも経営者にも様々な経営者がいて、ただ単に規模の話だけをしても一流企業の経営者から中小企業の経営者、それこそ個人事業主の方も当然、経営者です。カテゴリーとしても最先端企業から伝統企業まで同じ観点で経営を語ることはできません。とはいえ、その経営者としてのあり方心構え、そしてビジョンのようなものは会社の大小や種別によって異なるものではないでしょう。そこで今回の記事では、システム論などではなく、経営をどう考えるのかという理念に偏った形でおすすめのビジネス本・書籍をご紹介していきましょう。

仕事が嫌だ!明日が憂鬱なビジネスパーソンが読むべきオススメの本・書籍10選

仕事が嫌だ!毎日頑張るビジネスパーソンでも、「ずっと休みが続けばいいのに・・・月曜日が憂鬱・・」なんて日もありますよね。仕事が嫌だ!そんな時に手にとってほしい10冊のおすすめ本をご紹介します。どんな人でも、落ち込むことや今までの方法では壁にぶつかる時は必ずあります。「仕事が嫌だ」と感じたときに紹介した本・書籍があなたの役に立てたら嬉しいです。一旦問題から逃げる、違う視点から問題を眺めてみる、原点に戻ってみるなどあなたにあったやり方がきっと見つかるはずです。

ビジネスパーソンなら読むべき!仕事を効率化させるための技術・知識が詰まったオススメのビジネス本・書籍10選

時間をかけたらいい仕事ができるのは当たり前。多くのビジネスパーソンは業務を効率化しながら成果をだすことが求められるのではないでしょうか。戦後の高度経済成長以降、「睡眠時間をけずり多忙をきわめることが生産的だ」という価値観が定着した日本。終身雇用が瓦解した現代では、その価値観も合わなくなっています。日本の長時間労働は、世界的にみてもかなり深刻です。労働人口の減少により、今までのような長時間労働によってカバーすることはできなくなっていく中、仕事を効率化する能力は働く人全員の必須スキルとなります。今回は、仕事を効率化したい!と思ったらまず最初に手にとってほしいオススメの本10冊をご紹介します。

教養と知性を磨く!いまだから読むべき大人向けの本・書籍7選

教養と知性。この2つに必要なことは、物事をいかに考えることができるのかという頭脳の活用法でありその根本は知識です。人間は知識を得て、その知識を活用することでしか知性を磨くことができず、知性を磨ける状態になることこそが教養があるというのですから、その両者の根本が知識であることはゆるぎようのない事実です。ですのでここでは、そんな知性と教養を身につけるための知識を得る本をご紹介いたします。それは知識そのものというよりも、その知識をどう活用するのかを念頭に置いた、脳の働かせ方ガイド部くとでも言うべきオススメの本たちです。

仕事の習慣を変える!仕事で成長したいビジネスマンが読むべき本・書籍5選

仕事で成長するために必要なもの、それは経験と知識。そのうち、経験は日々の仕事の中で自然と蓄積されていくものですが、知識は自分から積極的に手に入れようとしなければ、自然と入ってくるということはありません。なぜなら、物事を記憶することイコール知識ではなく、その物事の意味を知り噛み砕いて自分のものにして初めて知識と呼べる財産になるからです。しかも、積み重ねた経験を財産として成長に役立てるために必要なものも、やはり知識。ここでは、そんな成長には不可欠な要素であるビジネスパーソンとしての知識をいかに効率よく吸収するのか、そのためにはどんな本が良いのか。そんな観点から選んだビジネス書をおすすめいたします。

新社会人なら読むべき!おすすめのビジネス書籍ランキング

新社会人になって一番最初に戸惑うこと。それは日々の業務にノルマはあっても、社会人として必要な知識とは何なのかについて、それこそ新人研修以降は誰もあなたにそれを教えてくれないということです。そう、社会人になった瞬間、必要な知識と知見は自分で手に入れるしかないのです。そこで、今回は社会人になってすぐ読んでおきたいおすすめビジネス書をまとめました。これさえ読んでおけば、スタートダッシュには十分だと思えるような社会人必携のビジネス書をここでご紹介いたします。

フリーランス・個人事業主は読むべき!おすすめのビジネス書21選【本・書籍で得た知識を仕事に活かす】

会社員とフリーランス個人事業主では、働き方がそのものが大きく異なります。会社員であれば、(基本的には)会社へ決まった時間に出社し、ルールの中で自身の仕事を進めていかなければいけません。フリーランスや個人事業主は、組織に比べ時間の使い方、人間関係が自由になります。しかし、仕事(または顧客)を自力で獲得しなければいけませんし、様々な事務処理(人事、総務、労務、経理etc)を自身で行う必要があります。2018年は副業解禁元年とも言われましたが、「本名を隠しビジネスネームを使って、会社員と二足のわらじで活躍!」なんて人はごくわずか。日本ではまだまだ会社員として働き続ける人が多数派です。フリーランスや個人事業主としてスタートし、相談できる先輩や同僚もいない中でひとりで事業をまわしていかなければいけません。「経費や税金ってどうするの?」「名刺はどうつくる?屋号を決めないと!」「この先やっていけるのかな・・」そんなとき心強い味方になってくれるフリーランスや個人事業主向けビジネス書をまとめました。

【2019年度版】小説・ビジネス書などのオススメ本・書籍ランキング(売れ筋や面白い小説からビジネス書まで)

ビジネス書から小説まで、自信を持ってオススメできる面白い本をランキング化してみました。最新の人気本・書籍を中心に、書籍のジャンルによらない本の人気ランキングを30位にまで絞ってご紹介いたします。とにかく本が読みたい、なんでもいいから活字がほしいという、立派な活字中毒者の皆様必見の、そして、本をあまり読まない人にオススメできる本・書籍ランキングです。

成功者は必ず読んでいる!おすすめのビジネス書15選【読書の習慣は人生を変える】

ビジネス書を読む理由、それは言うまでもなくビジネスの成功に近づくため。そこで今回は、ビジネス本の中でも最も多く読まれている、まずはこれを読まないとお話にならないというべきビジネス書をご紹介いたします。日本の成功者ならまず間違いなく読んでいるビジネス書、あなたの人生を変え得る一冊を探してみてください。

おすすめのビジネス書籍ランキング20選【ビジネス書大賞とビジネス書グランプリから名著や人気の本を選ぶ】

ビジネスパーソンの教養の基本、ビジネス書。そんなビジネス書のランキングといえば「ビジネス書大賞」と「ビジネス書グランプリ」がその代表的なものになります。そこで今回はその二つの章から、選ばれたビジネス書に中から本当にオススメできるビジネス書ランキングを作成しました。ぜひビジネス書購入の際の参考にしていただければと思います。

教養が身に付く!大学生が読むべきオススメの本・書籍24選【一般教養や世界史、宗教学まで】

一般教養というものは、なかなか身につくものではありません。というのも、少なくともとも大学生になるまでは、それ教えてくれるような教科はありませんし、大学で一般教養を学ぶ機会があったとしてもおそらく内容にも偏りがあります。そこで今回はそんな一般教養を補うためのオススメ本・書籍をご紹介します。一般教養は、デートの雑談から取引先との大事な交渉まで、あらゆる場面で活躍する大事な知識です。大学生のうちからしっかりと身に付けておいて損はないでしょう。

社会人が本当に読むべき!オススメの人気ビジネス本ランキングTOP10【2019年版】

年々刻々と変わるビジネス状況。その中でやはり同じようにその時代のニーズを色濃く反映しているのが、ビジネス書だといって過言ではないでしょう。もちろん中には、あ人間の心理に到達しうる内容であるため、時代性に左右されない名著もありますが、やはり変化のはやいビジネス界においては、移ろいに対応したビジネス書はかかせません。ということで今回は、そんな2019年版のオススメビジネス本をランキングで紹介いたします。