CATEGORY 実用

美味しさ保証!一度は読んでおきたい実用レシピ本・書籍10選【食は幸せの第一歩】

朝食、昼食、夕食、おやつに晩酌、さらに夜食。私たちの人生にとって食事はなくてはならないもの。とりあえずお腹いっぱいなればいいと味気ない食事をつづけるよりも、おいしくって栄養満点な食事をしたいですよね。ひとりで好きなものをマイペースで食べるもよし、大切な人とふたりでゆっくりと、家族みんなでにぎやかに、友達とわいわいしながらなどなど。食事は日常生活のエンターテイメントかもしれません。栄養満点、おいしさは絶対保証なレシピ本をご紹介します。

ビジネスパーソンなら読むべき!仕事を効率化させるための技術・知識が詰まったオススメのビジネス本・書籍10選

時間をかけたらいい仕事ができるのは当たり前。多くのビジネスパーソンは業務を効率化しながら成果をだすことが求められるのではないでしょうか。戦後の高度経済成長以降、「睡眠時間をけずり多忙をきわめることが生産的だ」という価値観が定着した日本。終身雇用が瓦解した現代では、その価値観も合わなくなっています。日本の長時間労働は、世界的にみてもかなり深刻です。労働人口の減少により、今までのような長時間労働によってカバーすることはできなくなっていく中、仕事を効率化する能力は働く人全員の必須スキルとなります。今回は、仕事を効率化したい!と思ったらまず最初に手にとってほしいオススメの本10冊をご紹介します。

教養と知性を磨く!いまだから読むべき大人向けの本・書籍7選

教養と知性。この2つに必要なことは、物事をいかに考えることができるのかという頭脳の活用法でありその根本は知識です。人間は知識を得て、その知識を活用することでしか知性を磨くことができず、知性を磨ける状態になることこそが教養があるというのですから、その両者の根本が知識であることはゆるぎようのない事実です。ですのでここでは、そんな知性と教養を身につけるための知識を得る本をご紹介いたします。それは知識そのものというよりも、その知識をどう活用するのかを念頭に置いた、脳の働かせ方ガイド部くとでも言うべきオススメの本たちです。

フリーランス・個人事業主は読むべき!おすすめのビジネス書21選【本・書籍で得た知識を仕事に活かす】

会社員とフリーランス個人事業主では、働き方がそのものが大きく異なります。会社員であれば、(基本的には)会社へ決まった時間に出社し、ルールの中で自身の仕事を進めていかなければいけません。フリーランスや個人事業主は、組織に比べ時間の使い方、人間関係が自由になります。しかし、仕事(または顧客)を自力で獲得しなければいけませんし、様々な事務処理(人事、総務、労務、経理etc)を自身で行う必要があります。2018年は副業解禁元年とも言われましたが、「本名を隠しビジネスネームを使って、会社員と二足のわらじで活躍!」なんて人はごくわずか。日本ではまだまだ会社員として働き続ける人が多数派です。フリーランスや個人事業主としてスタートし、相談できる先輩や同僚もいない中でひとりで事業をまわしていかなければいけません。「経費や税金ってどうするの?」「名刺はどうつくる?屋号を決めないと!」「この先やっていけるのかな・・」そんなとき心強い味方になってくれるフリーランスや個人事業主向けビジネス書をまとめました。

教養が身に付く!大学生が読むべきオススメの本・書籍24選【一般教養や世界史、宗教学まで】

一般教養というものは、なかなか身につくものではありません。というのも、少なくともとも大学生になるまでは、それ教えてくれるような教科はありませんし、大学で一般教養を学ぶ機会があったとしてもおそらく内容にも偏りがあります。そこで今回はそんな一般教養を補うためのオススメ本・書籍をご紹介します。一般教養は、デートの雑談から取引先との大事な交渉まで、あらゆる場面で活躍する大事な知識です。大学生のうちからしっかりと身に付けておいて損はないでしょう。

農家だからオススメできる!人気の料理・レシピ本10選【初めての調理だって誰でも簡単に!】

野菜をおいしく食べたい!となったとき、野菜をふんだんに使っているレストランに行くのもいいですが、ここは一つ自分で料理してみたいですよね。そこで、今回は、そんな野菜をおいしく食べるコツを野菜のプロ、農家の目線でご紹介。やっぱり農家としては、作った野菜はよりおいしく食べていただきたいですし、農家の食卓は、とにかく毎日のように野菜がありますからね。また、レジピの紹介は料理レベルに合わせて作っていますよ。

死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめの心理学の本・書籍8選【人の心を読み解く】

言うまでもありませんが、人には心があります。もちろん、すべての生き物に心はあるのですが、中でも人間の心理というのはとても複雑なものです。複雑だからこそ、人の心理というのは多くの方にとって悩みの種になります。海外に比べると日本というのはまだまだ心や心理といった部分を軽視している部分があるのですが、そういった中でもここ最近は人の心や心理に関心を持つ方が増えており、心理学そのものが存在感を放つようになりました。心理学に関連した書籍もかなり目立つようになっています。ここでは、その中でもその中でも「死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめの心理学の本・書籍8選【人の心を読み解く】」をご紹介していきたいと思います。

農家が選ぶ!本当に農業に役立つ農ビジネス本・書籍5選【本業農家ならまずは本を読みなさい!】

農業は肉体労働。そんな風に思っている人は多いと思いますし、また、実際農業をやっている人もそのように考えている人は多いのでは愛でしょうか。また、長きにわたった日本の農政の過剰な補助金政策で、自尊自立の精神を失った農家も少なくありません。しかし、よく考えてください、農家とは、ただの肉体労働ではなく、本来は個人で農園を経営する「個人事業主」であるはずです。そう、農業とは肉体労働でもあり立派なビジネス。これからの時代、農家もしっかりとビジネスを学んで、しっかりとしたビジネスマインドを作り上げる必要がある、そんな観点からおすすめの本を選んでみました。

家庭菜園の初心者なら読むべき!おすすめの本・書籍8選【ベランダ栽培・プランター菜園編】

家庭菜園を作りたい!と思っても、おうちに庭がなかったり、貸農園が遠くてとても通えないという人は結構いらっしゃっるのではないでしょうか。むしろ都会だとそういう人の方が多いかもしれません。でも、採りたての野菜を食べたり、そんな野菜を自分の手で育てたりというのは、一度は体験してみたいですよね。そこで今回は、ベランダ栽培の基本であるプランターなどを造った家庭菜園に焦点を当てて、そんな人にぜひ読んでもらいたい本を集めてみました。

胃袋を掴めば男性は惚れる!オトナ女子が読むべきオススメの料理・レシピ本5選

「胃袋をつかんでやったのよ!」と自慢げに話す女性の姿はよく見かけるものですが、実際に胃袋をつかむと男性は簡単に落ちてくれるものです。今と昔では男女の在り方も少しずつ変わっていますが、やはり今でも男性は料理上手な女性に惹かれてしまう部分があります。だからこそ、料理のスキルを上げていきましょう。ここでは、オトナ女子が読むべきオススメの料理・レシピ本をご紹介していきたいと思います。

農家が選ぶ!家庭菜園・自家栽培に関するおすすめ本・書籍6選【初めての野菜づくりとは?】

おいしい野菜を食べたい!そんな風に思った時、高級スーパーに買いに行くよりも、安くて楽しい経験もついてくる方法、それが家庭菜園ですよね。しかし、いきなり家庭菜園といっても、なかなか簡単にその方法がわかるわけではありません。野菜作りは簡単そうに見えて、そのノウハウやテクニックを知らずに挑戦してもうまくいくものではないのです。そこで今回は、おいしい野菜をおいしく作るための家庭菜園づくりの前にぜひ読んでおきたい本を、皆様にご紹介します。

現役ライターが選ぶ!フリーライターが読むべき実用本・書籍10選【記事を書く仕事とは?】

現在人気が出ているフリーライター。その中でもWEBを中心に活躍するWEBライターというものの人気は、今や飽和状態に近づきつつあるほどにその人気は高まっています。そこで、今回は、WEBライターである私がライターとしてやっていくために参考になる本をピックアップしてみました。ライターは書くお仕事。いうまでもなくライターとは書くお仕事です。文章をいかに上手に、わかりやすく、そして早く書くことができるかがその能力の良し悪しを決めるのですが、だからと言って文章力だけで決まるものでもありません。そこに必要なのは知識と経験。である以上、他人の知識の獲得と経験の追体験ができるこういうハウトゥー本を読むのも、大事なことなのです。

先生・教育指導者なら読むべき!おすすめのビジネス本・書籍9選【日本の教育が変われば世界が変わる!】

日本には今たくさんの種類のビジネス本というものが出版されています。というのも、ビジネス本というものはなかなか線引きが難しく、自己啓発本も経済評論も、はたまた経営者一代記のようなものも、ビジネス本といえばビジネス本なわけです。そんな、数多くあるビジネス本の中で、今回は、教育関係者ならぜひ読んでおいてほしい、教育に関するものをピックアップしてみました。教育の本体というより傍論になるものが多いのですが、教育者の知識の一端として、役に立つものであることは確かです。