本を読まない初心者にもおすすめできる!面白いこと間違いなしの人気小説10選

普段はまったく小説を読まない。だけど、小説を読むことは教養にもなるというし、できればそういったものも読めるようになっておきたい!と思っている人は多いと思います。そこで今回は、そんな方々のためのおすすめ小説をご紹介いたします。初心者でもしっかり読めて面白い小説ばかりですので、是非チャレンジしてみてくださいね。

おすすめの女性エッセイ本ランキング【元気が出ること間違いなし!】

作家や芸能人の素顔が垣間見れるエッセイ本。その内容は、書いている作者の内面と同じように、サクッと読めるような軽いものから大爆笑必至のもの、また深く人生について考えさせられるものまで、様々な種類・内容があります。少なくとも、エッセイというくくりでその系統をまとめることが出来ないほどに多種多様です。そこで今回は、女性作者という縛りでエッセイ本をまとめてみました。人に読むことをおすすめしたいと思えるエッセイをランキング形式でご紹介いたします。

新社会人なら読むべき!おすすめのビジネス書籍ランキング

新社会人になって一番最初に戸惑うこと。それは日々の業務にノルマはあっても、社会人として必要な知識とは何なのかについて、それこそ新人研修以降は誰もあなたにそれを教えてくれないということです。そう、社会人になった瞬間、必要な知識と知見は自分で手に入れるしかないのです。そこで、今回は社会人になってすぐ読んでおきたいおすすめビジネス書をまとめました。これさえ読んでおけば、スタートダッシュには十分だと思えるような社会人必携のビジネス書をここでご紹介いたします。

誉田哲也|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

そのデビューがムー伝奇ノベル大賞というかなり異色の経歴を持つ作家、誉田哲也。ミュージシャンとしてデビューを目指していたものの、椎名林檎の才能に圧倒されて作家に転身するという本当に変わった作家でもあります。映像化された小説も多く、特徴としては視覚的な描写の旨さが光る作家です。内容はどちらかといえば社会はハードボイルド的なものが多いのですが、それだけでないことは言うまでもありません。そんな誉田作品、ご紹介していきましょう。

浅田次郎|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

人情に飢えているひとにはまたとない読書のチャンス、それが浅田次郎。時代物からSF、そして任侠者にいたるまで、心の底から人情の機微を感じさせてくれる作家である浅田次郎の小説は、とにかくジャンルが広いことで有名。未だ読んだことのない人には本当にうってつけの作家と言えます。そこで今回はそんな浅田次郎の著書をランキングしてみました。あなたの心に響く作品がきっとある、そう言い切れる作品たちです。

三浦しをん|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

物語の面白さは、筋書きを劇的にすればいいわけではない。そんな小説を読む上で、ふと気付かされるような事実に毎回気づかせてくれるのがこの三浦しをんという小説家の作品です。じっくりとじんわりと、そして優しく人物を描いて、その内面に迫る丁寧さと誠実さ。人間の姿を偏見やフィルターを通さず、そのまま素直に表現し、そうすることでより深く濃くその姿を浮かび上がらせる筆力は、他に類を見ない作家の姿。しかもふんわりと笑える作品も多い。出会えたことに感謝したくなる、そんな作風の三浦しをん作品をご紹介いたします。

森見登美彦|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

そうだ京都へ行こう!というCMがかつてありましたが、森見登美彦作品を表す言葉として、これほどぴったり来る言葉はないのではないでしょうか。そう、本当に森見作品は京都へ行きたくなる作品揃い。しかも森見作品を読んでいると、京都という場所は現代のファンタジーの舞台として誰かが意図的に作ったのではないかと思えるほどにファンタジー感があふれています。そんな京都とファンタジーを感じる森見小説。京都に行く前に、まずは読んでみてほしいランキングです。

コレは泣ける!おすすめ感動小説15選【青春・恋愛小説編】

青春のあの頃を思い出して・・・泣きたい。もしくは、ピュアな恋愛を疑似体験して泣きたい。そんなふうに思って、小説を読むことって結構ありますよね?もちろんテレビドラマでも映画でもいいんですが、かっこいい男優さんや美人の女優さんが演じているより、やはり妄想の世界で感動したい。そんなときには、やはり小説が一番です。というわけでここでは、そんな時に思いっきり泣ける青春恋愛小説をご紹介いたします。

中学生が本当に読むべき!おすすめの小説・本10選【面白い本・書籍で視野を広げよう!】

若い頃、日本文学を読んでおくことの大切さ。中学生の頃にそんなものあまり実感はわかないかもしれませんが、大人になるとその重要性をひしひしと感じるときがやってきますよね。とはいえ読書の習慣というのはなかなかに身につくものではありません。そこで、ここでは中学生に読ませたい、もしくは読んでほしい本をご紹介します。読書をするということは、もちろん情操教育にも良いですし、いろいろな思考の幅を増やすという点でも最適なこと。そして、高校受験大学受験にも活きてくることですので、しっかりと習慣化できるといいですね。

社会人が本当に読むべき!おすすめの小説・本10選【面白い本・書籍で視野を広げよう!】

社会人にとって読書とは、自分の人間的魅力を上げるためのツール。もちろん、好きな小説や好きなジャンルを延々と読み続けるのも悪いことではないのですが、そうなってしまうと人間性に偏りが出てくる危険性も。人間性なんて大きなくくりでなくとも、すくなくとも知識の偏りはまぬがれません。そうなれば、きっと人間関係にも偏りが生まれてくるでしょうし、取引先との会話などにも、対応できないジャンルが生まれてくることもあるはずです。そこで今回は、社会人に必須の・・・人間の幅を広げる新しいジャンルにチャレンジするときにぜひとも読みたい小説をピックアップしてみました。

恩田陸|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

郷愁を誘う物語を書かせたら当代随一の直木賞作家「恩田陸」。ノスタルジアの魔術師の異名を持つ彼の作品は、読むひとを遠い彼方にあるいつかの自分に引き合わせてくれるような、そんな力を持っています。読むものの胸に迫る、切なさとどことなく不安定な世界観が同居するその作品は、まさに恩田陸の作品の真骨頂。今回はそんな恩田陸のおすすめ作品をランキング形式でご紹介いたします。

司馬遼太郎|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

歴史小説を語る上で、避けては通れない巨人『司馬遼太郎』。司馬文学とも言える1ジャンルを築いているといってもいいほどに、日本の文壇はもちろん、歴史学の世界にさえ大きな影響を与えている作家です。今回はそんな司馬遼太郎のおすすめ作品をピックアップしてみました。少しおこがましくはありますが、おすすめ順にランキングを作成しています。

フリーランス・個人事業主は読むべき!おすすめのビジネス書21選【本・書籍で得た知識を仕事に活かす】

会社員とフリーランス個人事業主では、働き方がそのものが大きく異なります。会社員であれば、(基本的には)会社へ決まった時間に出社し、ルールの中で自身の仕事を進めていかなければいけません。フリーランスや個人事業主は、組織に比べ時間の使い方、人間関係が自由になります。しかし、仕事(または顧客)を自力で獲得しなければいけませんし、様々な事務処理(人事、総務、労務、経理etc)を自身で行う必要があります。2018年は副業解禁元年とも言われましたが、「本名を隠しビジネスネームを使って、会社員と二足のわらじで活躍!」なんて人はごくわずか。日本ではまだまだ会社員として働き続ける人が多数派です。フリーランスや個人事業主としてスタートし、相談できる先輩や同僚もいない中でひとりで事業をまわしていかなければいけません。「経費や税金ってどうするの?」「名刺はどうつくる?屋号を決めないと!」「この先やっていけるのかな・・」そんなとき心強い味方になってくれるフリーランスや個人事業主向けビジネス書をまとめました。