【読書感想文】小学生が作文を書きやすいオススメの小説本・書籍15選

小学生の読書感想文の一番のポイントは、読めること。何よりもまず、感想文を書く題材としての本をしっかりと最後まで自力で読んでしまえない事には感想文を書くことはできません。ですので、重要なことは背伸びをしない事なんですね。特に小学生にとって、読めない文章を読まされることはかなり苦痛。実際、読書感想文を書かされることで本嫌いになる子供も多くいますので、その辺にしっかり気を付けて、読書感想文のクオリティよりも楽しんで読むことに心がけましょう。

【読書の時間】高校生が面白く読める!オススメ小説・本10選

高校生にとって読書というのは一生の宝になるものです。なんといっても人生で最も感受性が高まり、柔軟な思考を持てる時期ですので、このころに読んだ本というのは人生の大きな指針になることも少なくありません。少なくとも、本好きになるかどうかを決めるポイントにはなるでしょう。そこで今回は、高校生が面白く読める本と題して、高校生におすすめできる素敵な小説をご紹介していきます。

【読書感想文】中学生が読書感想文を書きやすいオススメの小説・本15選

読書感想文が苦手な中学生の皆さんやそんなお子様を持つ親御さん。8月31日が近づくにつれて、今年も読書感想文を書かなきゃいけないと思うだけでうんざりしますよね、しかも小学生のころと比べてちょっとレベルも上げなきゃいけないですしね。高校受験を考えると、教師受けも気になるところです。というわけで今回は、教師人の受けの良い読書感想文にぴったりなオススメの小説本15選を送りいたします。

【読書感想文】高校生が読書感想文を書きやすいオススメの小説・本15選

高校生ともなると、読書感想文は読書の感想だけでは先生は受け取ってくれません。そこから何を思い、どう考え、今後にどのように生かしていくのかといった本から得られるもので自分がいかに成長したのか、という観点が必須になります。そこで、今回の記事ではそういう観点から感想文の書きやすい小説をピックアップしてみます。いかに小説の内容から派生させていくかというのが大事なことですので、できるだけわかりやすい主題がこめられているものを選んでいきましょう。

絶対に読むべき!おすすめの純文学小説10選【小説家が好きになる!】

純文学というと、ちょっと取っ付き難い感じがしますよね。しかも、何が純文学で何が純文学ではないのかと言われると、かなりの人が脱落してしまうのではないでしょうか。そう・・・純文学小説って、結構難しいものであることは間違いないんですよね。でも、純文学がしっかりと読めるようになれば大抵の小説は読めますし、なにより純文学には後世に残る名作・傑作も多く、かなり感動的な読書体験が待っています。というわけで、ここでは純文学のおすすめ作品をお伝えします。1作家1作品でご紹介しますね。

芥川龍之介賞を受賞したオススメ小説10選【文学賞から次に読む本を探す】

純文学の登竜門である芥川賞(正式名称は芥川龍之介賞)。文学に興味のない人でもその名前くらいはしっているものであると同時に、小説に親しみのある人でもちょっと敬遠してしまう賞でもありますよね。なにせ純文学ですから、ちょっとハードル高め。でもそんな事はありません、純文学は思ったほど難しい小説というわけでもないのです。ぜひこれをきっかけに純文学に親しんでみませんか?

芸人が書いた!おすすめの小説・本10選【面白いこと間違いなし!】

言葉のプロである小説家。対して、やはり言葉のプロであるお笑い芸人。そんな言葉のプロがその領域を飛び出して別の領域に踏み込んでいって誕生するいわゆる芸人さんの書いた書籍というものはそれだけで面白みのあるものです。そして、ある程度信頼の置ける内容でもあります。なにせ、彼らは言葉を使って人を楽しませるということを日夜考えていて、その分野で有名になった人たちばかりですから。という訳で今回はそんな芸人さんの本についておすすめをご紹介していきます。

おすすめの文庫小説9選!面白い名作・傑作だけをジャンル別にまとめました!

とにかく間違いのない面白い名作&傑作小説だけを文庫小説で読みたい。そんなあなたの要望にお答えする、本当にもう絶対的な名作だけを紹介するのが今回の目的です。ある意味、ここにある小説を読んで面白くないと感じたら、もしかしたらもうそのジャンル自体が合わないのではないか?と思ってもいいくらいの間違いのない名作ですので、ある意味有名作品ばかりです。ですから読書家のひとには既読のものばかりになるかもしれません。しかし、もし読んでいないものがあったら、いちおうは抑えてくべき作品でもありますので是非チェックして読んでみてくださいね。

【完結】小説家になろうのおすすめ異世界小説を勝手にランキング!

今やラノベ界の一大タイトルであるなろう系異世界もの。殆どはテンプレ過ぎてどうなの?というものが多いのですが、中には(といっても元が多いので結構な数)思わず引き込まれてしまう面白い作品も沢山。しかし、なろう系の特徴として途中で作者が書くのをやめたり、、出版が滞ったりするんですよね。そこで今回は、少なくとも小説家になろうのサイト上ではきちんと完結している・・・出版的にもきっと最後までいくに違いないという作品をピックアップしてランキングしてみました。最悪の場合ですが、出版が止まっても、なろうサイトで読めば……的な感じで、オススメすることができる作品です。ちなみに、サブタイトルは長いものが多いので説明文中に記しておきます。

死ぬまでに絶対に読むべき!面白いファンタジー小説10選【予測のできない展開にワクワクする!】

平成がミステリー小説の時代だとすればもしかしたら令和はファンタジー小説の時代かもしれません。ライトノベルでのファンタジー小説の隆盛をきっかけに、そうでない小説でもファンタジー小説が注目され始めていて、書店でもかなり売れ筋のコーナーに置いてあることが増えてきましたからね。そこでここでは、そんなミステリー小説をご紹介いたします。しかも、死ぬまでに絶対に読むべき名作ですが、意外と知られていないものに焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

美味しさ保証!一度は読んでおきたい実用レシピ本・書籍10選【食は幸せの第一歩】

朝食、昼食、夕食、おやつに晩酌、さらに夜食。私たちの人生にとって食事はなくてはならないもの。とりあえずお腹いっぱいなればいいと味気ない食事をつづけるよりも、おいしくって栄養満点な食事をしたいですよね。ひとりで好きなものをマイペースで食べるもよし、大切な人とふたりでゆっくりと、家族みんなでにぎやかに、友達とわいわいしながらなどなど。食事は日常生活のエンターテイメントかもしれません。栄養満点、おいしさは絶対保証なレシピ本をご紹介します。

西加奈子|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

2歳までイラン・テヘランで過ごし、小学生時代はエジプト・カイロ、その後は大阪で過ごした西加奈子。2004年に 「あおい」でデビューし、2005年の 「さくら」で一気にベストセラー作家の仲間入りを果たします。その後も、織田作之助賞、河合隼雄物語賞、直木賞を次々に受賞し、映画化作品も誕生している西加奈子。彼女はトントン拍子で今の地位を築いたように思われがちですが、デビューまではライターをはじめ複数の仕事を掛け持ちし、上京資金をため、出版社へ営業、原稿持ちこみをしていたというなかなかの苦労人です。根っからの大阪人気質でおおらかな彼女のキャラクターは、男女問はず幅広い層のファンを獲得しています。そんな西加奈子作品をご紹介していきます。

仕事が嫌だ!明日が憂鬱なビジネスパーソンが読むべきオススメの本・書籍10選

仕事が嫌だ!毎日頑張るビジネスパーソンでも、「ずっと休みが続けばいいのに・・・月曜日が憂鬱・・」なんて日もありますよね。仕事が嫌だ!そんな時に手にとってほしい10冊のおすすめ本をご紹介します。どんな人でも、落ち込むことや今までの方法では壁にぶつかる時は必ずあります。「仕事が嫌だ」と感じたときに紹介した本・書籍があなたの役に立てたら嬉しいです。一旦問題から逃げる、違う視点から問題を眺めてみる、原点に戻ってみるなどあなたにあったやり方がきっと見つかるはずです。