【読書の秋】小学生が読むべきオススメ小説・本5選(低学年/男の子向け)

昔は子どもというと自然と本を読んだり外を駆け回ったりしていたものですが、ゲームなど遊びの選択肢が増えたこともあり、なかなか自然と本を読むといった機会も減ってきたのではないでしょうか?親御さんが声をかけて渋々ということもあるかもしれません。ただ、お子さんが興味を持ってくれるような小説や本であれば、自発的に読んでくれるものです。読書というのは想像力を高めるのに欠かせないものですから、是非いろいろな小説や本に触れさせてあげたいものです。ここでは、低学年の男の子向けで小学生が読むべきオススメ小説・本をご紹介していきたいと思います。

【読書の秋】小学生が読むべきオススメ小説・本5選(低学年/女の子向け)

小学生になった途端、本を読んでくれなくなるといったことは珍しくありません。しかしながら、やはり本というのは子どもの想像力を養うのに欠かせないものです。親御さんのほうからも積極的にアピールしてほしいところですが、子どもに興味を持ってもらえるような本を選ぶことも大切です。ここでは、低学年の女の子向けで小学生が読むべきオススメの小説・本をご紹介していきたいと思います。

死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめのエッセイ本5選【エッセーで感性を養えば、人生が豊かになる】

面白い小説はよく読むけど、エッセイはなかなか。内容が作家の個人的な想いであることの多いエッセイは、本好きの方でも敬遠する人は少なくありませんし、選びにくいですよね。そこで今回は、素敵なエッセイをみなさんにご紹介します。有名な物からちょっとマイナーなものまで、素敵なエッセイをそろえてみました。

【ラグビーW杯@日本’19】一大イベントを楽しむために読むべきラグビー本/ルールブック10選

サッカーワールドカップが終わって、次の大きなスポーツイベントは2020東京オリンピック!と、思っている人、ちょっと待ってください!来る2019年には、日本でラグビーのワールドカップが開催されるのをご存知ですか?日本ではあまり盛り上がりを見せていませんが、実はこのラグビーのワールドカップ、夏季オリンピック、サッカーワールドカップと並んで、世界3大スポーツ大会といわれている巨大な大会なんですよ。そこで今回は、そんなラグビーワールドカップを前に、ラグビーについて知れちゃう本をおすすめいたします。

【2018年上半期】本好きの間で話題となった小説3選

これといって読みたい小説がないな、という時がありますよね。新しい小説は読みたくても、なんとなく表紙買いしたりするのもかけにはずれた時を考えると億劫だし、電子書籍のレビューも結局当てにならないことが多い。ということで、今回はそんなあなたに2018年話題になった小説3冊をご紹介します。少なくとも面白くないということだけは、ないですよ。

【読書の秋】小学生が読むべきオススメ小説・本10選(高学年/女の子向け)

読書の秋、それは文学少女の秋。もちろん文学少女とまではいかなくても、男子よりも複雑な心を抱える高学年の女子にとって、読書は欠かせない心のお薬。成長の過程に感じる心の痛みや苦悩を洗い流してくれる本との出会いは一生の宝になります。というわけで、ここではそんな女の子にお勧めの本を紹介していきましょう。

塾講師なら絶対に読むべき!おすすめの教育本・書籍7選【教え方を学び、生徒を成長させる】

塾で教える。それは、ある意味学校教育よりも難しいもので、単に知識を教えるだけでも、また時間をかければいいというものでもない、ある意味もともとの教育の形にとても近いものです。そこで今回は、そんな塾でも教育を行う塾講師の皆さんにぜひ読んでいただきたい本をピックアップしてみました。

【読書の秋】小学生が読むべきオススメ小説・本10選(高学年/男の子向け)

秋は読書の季節。しかし、小学生高学年の男子にとっては、読書が苦手な人が多いのも現実。でも、何か読ませたい。せっかく読むのだったら、いい本を読んで、これから読書好きな人間になることができたらそれはそれでありがたい。ということで、今回はそんな親御さんの想いにこたえる小学生高学年の男子にお勧めの本10選をお送りします。

就活生なら絶対に読むべき!おすすめの就活本・書籍7選【就職活動のポイントを見抜き、内定を勝ち取れ!】

就職活動は人生を決める大きなイベント。もちろんすんなりうまくいく人もいますが、なかなか結果が出ずに落ち込んでしまう人も多いものです。ですから、まずは、就活というものについての知識をきちんと蓄え、その一大イベントに向かう前の準備をしっかりしておかなくてはいけません。ということで、今回は、そんな就活生に送る、就活のために役立つ本を「就活生なら絶対に読むべき!おすすめの就活本・書籍7選【就職活動のポイントを見抜き、内定を勝ち取れ!】」というタイトルでご紹介いたしますね。