コレは泣ける!おすすめ感動小説15選【青春・恋愛小説編】

青春のあの頃を思い出して・・・泣きたい。もしくは、ピュアな恋愛を疑似体験して泣きたい。そんなふうに思って、小説を読むことって結構ありますよね?もちろんテレビドラマでも映画でもいいんですが、かっこいい男優さんや美人の女優さんが演じているより、やはり妄想の世界で感動したい。そんなときには、やはり小説が一番です。というわけでここでは、そんな時に思いっきり泣ける青春恋愛小説をご紹介いたします。

中学生が本当に読むべき!おすすめの小説・本10選【面白い本・書籍で視野を広げよう!】

若い頃、日本文学を読んでおくことの大切さ。中学生の頃にそんなものあまり実感はわかないかもしれませんが、大人になるとその重要性をひしひしと感じるときがやってきますよね。とはいえ読書の習慣というのはなかなかに身につくものではありません。そこで、ここでは中学生に読ませたい、もしくは読んでほしい本をご紹介します。読書をするということは、もちろん情操教育にも良いですし、いろいろな思考の幅を増やすという点でも最適なこと。そして、高校受験大学受験にも活きてくることですので、しっかりと習慣化できるといいですね。

社会人が本当に読むべき!おすすめの小説・本10選【面白い本・書籍で視野を広げよう!】

社会人にとって読書とは、自分の人間的魅力を上げるためのツール。もちろん、好きな小説や好きなジャンルを延々と読み続けるのも悪いことではないのですが、そうなってしまうと人間性に偏りが出てくる危険性も。人間性なんて大きなくくりでなくとも、すくなくとも知識の偏りはまぬがれません。そうなれば、きっと人間関係にも偏りが生まれてくるでしょうし、取引先との会話などにも、対応できないジャンルが生まれてくることもあるはずです。そこで今回は、社会人に必須の・・・人間の幅を広げる新しいジャンルにチャレンジするときにぜひとも読みたい小説をピックアップしてみました。

恩田陸|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

郷愁を誘う物語を書かせたら当代随一の直木賞作家「恩田陸」。ノスタルジアの魔術師の異名を持つ彼の作品は、読むひとを遠い彼方にあるいつかの自分に引き合わせてくれるような、そんな力を持っています。読むものの胸に迫る、切なさとどことなく不安定な世界観が同居するその作品は、まさに恩田陸の作品の真骨頂。今回はそんな恩田陸のおすすめ作品をランキング形式でご紹介いたします。

司馬遼太郎|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

歴史小説を語る上で、避けては通れない巨人『司馬遼太郎』。司馬文学とも言える1ジャンルを築いているといってもいいほどに、日本の文壇はもちろん、歴史学の世界にさえ大きな影響を与えている作家です。今回はそんな司馬遼太郎のおすすめ作品をピックアップしてみました。少しおこがましくはありますが、おすすめ順にランキングを作成しています。

フリーランス・個人事業主は読むべき!おすすめのビジネス書21選【本・書籍で得た知識を仕事に活かす】

会社員とフリーランス個人事業主では、働き方がそのものが大きく異なります。会社員であれば、(基本的には)会社へ決まった時間に出社し、ルールの中で自身の仕事を進めていかなければいけません。フリーランスや個人事業主は、組織に比べ時間の使い方、人間関係が自由になります。しかし、仕事(または顧客)を自力で獲得しなければいけませんし、様々な事務処理(人事、総務、労務、経理etc)を自身で行う必要があります。2018年は副業解禁元年とも言われましたが、「本名を隠しビジネスネームを使って、会社員と二足のわらじで活躍!」なんて人はごくわずか。日本ではまだまだ会社員として働き続ける人が多数派です。フリーランスや個人事業主としてスタートし、相談できる先輩や同僚もいない中でひとりで事業をまわしていかなければいけません。「経費や税金ってどうするの?」「名刺はどうつくる?屋号を決めないと!」「この先やっていけるのかな・・」そんなとき心強い味方になってくれるフリーランスや個人事業主向けビジネス書をまとめました。

2chスレから書籍化された小説14選【2ちゃんねるで話題となった物語たち】

今や伝説となってしまった2ch(2ちゃんねる)。かつて・・・ネットにこもっている人間たちにとって、天国のような地獄のような、友のいる場であるような敵だらけの戦場のような、そんな場所だった伝説のサイトです。そんな2chのスレッドには、たくさんの名作と呼ばれるものが存在しました。本記事では、2chの名作スレッドから、そのあまりの人気ぶりに書籍化に至ったスレッドをピックアップしてみました。中には社会現象になったものやアニメ化されたものなど様々なものがありますので、古き良き混沌としたネット世界の物語を楽しみたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

「小説家になろう」から書籍化された人気ライトノベル15選【おすすめ作品順】

今や新人小説家の登竜門としてしっかり定着したサイト「小説家になろう」。既存の小説家がそれを認めようと認めまいと、もはや日本の文学界においてなろう出身作家を除外して考えることは不可能な状況にさえなっています。そこで今回は、そんな小説家になろうから書籍化された、いわゆる「なろう系」の小説をご紹介します。一度嵌ると、立て続けに同系統の作品を読んでしまいたくなろう系の面白さを、ぜひ堪能してください。

とにかく面白い小説本ランキング【おすすめのファンタジー小説10選】

ライトノベルの隆盛で、一大ムーブエントになりつつあるファンタジー小説。これまで、子供を中心に人気のあったこのジャンルも、おかげで大人が胸を張って楽しめるジャンルになってきつつあります。そこで今回は、日本と世界のファンタジー小説の中でもよりすぐりのおすすめファンタジー小説を個人的にランキングしてしてみました。ここに登場する10の作品を読めば、ファンタジー小説の大枠が見えてくると言ってもいいくらいのラインナップでお届けいたします。

とにかく面白い小説本ランキング【おすすめのミステリー小説15選】

ミステリー小説。これまで様々な分野の小説が生まれていた中で、かつては一格落ちの文学のような扱いでしたが、今や世界で一番売れているジャンルの小説です。そこで今回は、そんなミステリー小説を面白い順に勝手にランキングしてみました。とにかく楽しめる名作から変わった作品まで、小説選びのお役に立つ情報が盛り沢山です。

有川浩|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

押しも押されもせぬ人気作家 有川浩。電撃ゲーム小説大賞という、いわゆるライトノベルの賞をとって文庫作家としてデビューの後、その作風が認められてハードカバーが発売されるという、異例のデビューを果たした鬼才です。読みやすい文章と、区切りのいい連作者の物語。まさに、ライトノベルの作家としての資質をそのまま一般小説に持ち込んだ、ある意味小説界の革命児とも言える作風にはたくさんのファンが存在します。小説が好きな人からあまり読まないひとまで、間違いなくおすすめできる作家です。

湊かなえ|おすすめの小説本ランキング【作家名から作品を探す】

読んで嫌な気持ちになるミステリー「イヤミス小説」といえば、湊かなえ。ぱっと見不名誉な通り名のようですが、それだけ心にぐさりと刺さって、消えない傷を作るほどに衝撃的で内容の濃いミステリーを書く作家さんでもあります。そこで今回は、そんなイヤミスの女王湊かなえの本をご紹介いたします。心のギアを一つ上げて、しっかりと心して読み進めれば、あなたも最悪の読後感の虜になること間違いなしです。

人生を変える!心からオススメできる本・書籍10選【人生の目的や人生観を定めたいならこの本を読め!】

読書によって新しい目標や人生への考え方が固まるというのはよくあることです。そしてそれは、何も小説や自己啓発本だけではなく、様々な書籍から、そのような気付きや転機を得られることはあるのです。ということで今回は、ジャンルを問わず人生に影響を与える本をチョイス。自分の人生を振り返るときのために、一度読んでみるといいかもしれません。