CATEGORY 実用

社会人1年目なら絶対に読むべき!おすすめのビジネス本・書籍13選

社会人になるのは思っている以上に大変なことです。もちろん、就職活動のこともありますが、社会人になってから求められるものが多いというところでも苦労します。しかしながら、社会人になってから求められるものというのは、学校では教えてくれないものです。基本的には社会の荒波にもまれながら身につけていくことになるのですが、自分で勉強するという姿勢も大切です。そこで役立ってくれるのが本や書籍です。ここでは、社会人1年目が読むべきおすすめのビジネス本・書籍をご紹介していきたいと思います。

先生・教育者なら絶対に読むべき!おすすめの教育指導本・書籍10選 【生徒の学習モチベーションを上げる!】

先生や教育者は、先生と呼ばれるようになったその時は、まだ一人前ではありません。先生や教育者として現場で学び、現場で経験を積む中で一人前となっていくのですが、だからと言って何年もそこに時間をかけるわけにはいかないわけです。というのも、そのうち教育者として、責任ある立場にならないといけないわけですからね。そこで今回は、そんな教育者の方々のために、役に立つおすすめの教育指導本・書籍を集めてきました。

転職希望者は読むべき!転職活動に役立つビジネス本・書籍5選

人生の一大転機となる転職。そんな転職を考えているときには、少しでも自分の力になる経験を積んでおきたいものです。そんな中、読書というのも大事な経験の一つ。しっかりと、知識を活用できる本を読むことで人生の一大転機を有利の迎え乗り越えていきたい。そんな方のために、お役立ちビジネス本を5冊集めてみました。

【ラグビーW杯@日本’19】一大イベントを楽しむために読むべきラグビー本/ルールブック10選

サッカーワールドカップが終わって、次の大きなスポーツイベントは2020東京オリンピック!と、思っている人、ちょっと待ってください!来る2019年には、日本でラグビーのワールドカップが開催されるのをご存知ですか?日本ではあまり盛り上がりを見せていませんが、実はこのラグビーのワールドカップ、夏季オリンピック、サッカーワールドカップと並んで、世界3大スポーツ大会といわれている巨大な大会なんですよ。そこで今回は、そんなラグビーワールドカップを前に、ラグビーについて知れちゃう本をおすすめいたします。

塾講師なら絶対に読むべき!おすすめの教育本・書籍7選【教え方を学び、生徒を成長させる】

塾で教える。それは、ある意味学校教育よりも難しいもので、単に知識を教えるだけでも、また時間をかければいいというものでもない、ある意味もともとの教育の形にとても近いものです。そこで今回は、そんな塾でも教育を行う塾講師の皆さんにぜひ読んでいただきたい本をピックアップしてみました。

就活生なら絶対に読むべき!おすすめの就活本・書籍7選【就職活動のポイントを見抜き、内定を勝ち取れ!】

就職活動は人生を決める大きなイベント。もちろんすんなりうまくいく人もいますが、なかなか結果が出ずに落ち込んでしまう人も多いものです。ですから、まずは、就活というものについての知識をきちんと蓄え、その一大イベントに向かう前の準備をしっかりしておかなくてはいけません。ということで、今回は、そんな就活生に送る、就活のために役立つ本を「就活生なら絶対に読むべき!おすすめの就活本・書籍7選【就職活動のポイントを見抜き、内定を勝ち取れ!】」というタイトルでご紹介いたしますね。

サラリーマンにおすすめ!ネット副業を学ぶなら読んでおくべき本・書籍10選【スキマ時間を活用すれば、楽に年収も上げられる!】

いまや副業解禁で、ネット副業への注目度は過去最高レベルです。政府主導の働き方改革も、これから社会に広く浸透していき、自由な働き方がスタンダードになる日はそう遠くありません。そこで、ここでは、サラリーマンが空いた時間にサクッとできる「ネット副業」を始める前に読んでおきたい本をご紹介します。ネット副業で、年収をグンとアップさせることも夢じゃないのです。

農家が選ぶ!本当に農業に役立つオススメ本・書籍8選【初心者から上級者まで、農業の基礎知識を正しく身に付けよう!】

農業を始める。それは一見途方もなく難しいもののように思えますが、この世にある職業の中でも、最も歴史の長い職業だけあって、そこまで難しいことではありません。しかも今は色々なツールが世にあふれてもいます。というわけで今回は、農業をいかにやっていくかを初心者から上級者が学べるお勧めの本・書籍を紹介します。

農業の初心者が就農する前にしっかりと読んでおくべき本・書籍5選【農業は基礎知識が大切!】

就農を目指そうと思ったあなたに|農業を始める。それが脱サラのうえ本業として始める場合でも、また副業として週末農業を始めるのだとしても。大自然の中で、都会の喧騒を忘れて働くイメージは、心惹かれるものですよね。あこがれの田舎暮らし、というのも魅力的なワードです。しかし、社会生活を営む上で、農業は社会からあまりに遠い存在になっているのも事実。いざ農業を始めると言っても、いったい何から手を付けていいのかさっぱり。というのが普通ではないでしょうか。そしてそれが、新規就農者にとっての一番の壁になっているように思います。