【WordPress】公開前の記事を外部の人が確認できるプラグイン「Public Post Preview」の導入方法と使い方

Public-Post-Preview_icatch

ブログやメディアの運営において、公開前の記事を外部の人に確認してもらいたいことってありますよね?

キャプチャで確認してもらうにしてもテキストのコピペができない。ログインアカウントを発行して、チェックしてもらった後に削除するのも非常に面倒です。

今回はそんな時に使える有能なプラグイン「Public Post Preview」の導入方法と、使い方についてご紹介します。

ちなみに日本語対応済みのプラグインで、あとで「この機能なんだっけ?」なんてこともありませんのでご安心ください。

公開前の記事が誰でも確認できるようになるプラグイン「Public Post Preview」とは?

Public-Post-Preview

その名の通り、「Public Post Preview」をWordPressにインストールしておけば、ログインアカウントを持っていない人でも確認用のURLを知ってさえいれば、記事を見ることができるようになります。

ただし、このプラグインには以下の制限を含んでいますので、予めご注意ください。

  • 確認用URLの有効期限は48時間まで。
  • 記事が「非公開」の場合は利用できない。

プラグインの導入方法

Step.1 「Public Post Preview」のダウンロード

まずはWORDPRESS.ORGより、「Public Post Preview」をダウンロードしてみてください。日本語では「外部確認」と表示されているはずです。

Public-Post-Preview_1

プラグインの導入方法-1

Step.2 「Public Post Preview」のインストール

WordPressのダッシュボード上にて、プラグインのインストールを行ってください。

Public-Post-Preview_2

プラグインの導入方法-2

Public-Post-Preview_4

プラグインの導入方法-2

Public-Post-Preview_3

プラグインの導入方法-3

Public-Post-Preview_5

プラグインの導入方法-4

プラグインの使い方

使い方は非常に簡単!外部確認用のURLを発行するだけです。

Public-Post-Preview_6

プラグインの使い方-1

Public-Post-Preview_7

プラグインの使い方-2

外部確認用のURLで見た場合

外部確認用のURLで見た場合

どうですか?びっくりするくらいに簡単で便利ですよね!

ぜひ活用してみてください〜。それでは。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA