iBooksで本がダウンロードできなくなった時の対処方法

iBooks 出典:http://www.apple.com/jp/ibooks/
電子書籍リーダーとして有名なiBooksですが、購入後のダウンロードが途中で止まってしまったり、ダウンロードができなかったりと、アプリとして重宝しているからこそ…そんなトラブルが起きてしまうと困りますよね。僕自身も何度も経験しているので、今回はiBooksアプリ上の電子書籍がダウンロードできなくなってしまった場合の対処方法をまとめてみます。

本のダウンロードができない場合に確認すべき3つのこと

iBooksで本のダウンロードが正常に行われない場合、まずは以下の点について確認してみてください。本のダウンロードができない要因は複数考えられますので、疑わしい点をひとつひとつ丁寧に確認していくことをお勧めします。

  1. ネット接続に問題はないか
  2. 端末の容量は足りているか
  3. iBooksアプリのバージョンは最新になっているか
  4. 端末のメモリ不足が原因ではないか
  5. アプリ、端末の再起動は行なったか

ネット接続に問題はないか

当たり前ですが、iBooksアプリ内での電子書籍のダウンロードはネット接続ができる状態でなければなりません。各キャリア(au, docomo, softbank等)の電波取得状況またはwifiの接続状況をご確認ください。
iPhoneの電波状況

 

モバイル電波が弱い場合

モバイル電波が弱い場合はダウンロードが遅くなってしまいます。ステータスバー上の⚫️の個数が少ない場合はダウンロードを中止し、ネット環境が安定した場所で再ダウンロードするようにしてください。またモバイル電波下でのダウンロードはキャリアごとの契約プランによっては、通信速度制限を受ける原因となりますので、可能であればwifi接続時にダウンロードすることをおすすめします。

wifi電波が弱い場合

wifi電波が弱い場合もダウンロードが遅くなります。またモバイル電波は安定していても、wifi接続を行なっていれば、wifi電波が優先されます。wifiをOFFにして、モバイル接続下でダウンロードを行うか、wifiのネット環境が安定する場所で再ダウンロードを行うようにしてください。前述でもあるように、ダウンロードは通信速度制限を避けるためにwifi接続下で行うことをおすすめします。

機内モードになっている場合

あまりないとは思いますが、機内モードになってしまっている場合は設定アプリの「機内モード」より、機内モードの解除を行なってください。
iPhoneの機内モード

 

端末の容量は足りているか

iBooks上の電子書籍のファイルサイズは約2MBあります。端末の空き容量が電子書籍の以下の場合はダウンロードが中断されてしまうので、以下のような通知が出た場合は設定アプリの「一般>ストレージとiCloudの使用状況>ストレージを管理」より、空き容量を確保してください。ストレージの空き容量を増やす方法はappllioさんの記事が参考になるかと思います。

ストレージの空き領域

 

 

 

出典:http://appllio.com/how-to-leave-iphone-storage-capacity

以下、2015年09月現在の公式での記述です。

一般的なブックの場合、容量は約 2 MB です。オーディオやビデオなどの機能が充実したブックになると、その内容によってサイズは違ってきます。拡張機能付きのブックだと、通常のブックと比べて、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

iBooks Store では、容量が 1 〜 2 GB にもなるテキストブックも取り扱っています。こうしたテキストブックを iOS デバイスでダウンロードする際には、状況に応じて Wi-Fi 接続が必要になります。テキストブックのダウンロード所要時間は、インターネット接続によって異なります。

引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT201478

iBooksアプリのバージョンは最新になっているか

アプリのバージョンが最新のものになっていない場合、端末にインストールされているOSとの互換性や不具合が原因で、アプリが正しく動作していないことが考えられます。こちらについてはiPhoneトラブル解決サイトさんの記事が参考になるかと思います。

補足:iBooksとの互換性について

稀にアプリとの互換性が保証されていない端末・動作環境で、アプリを使用してしまっている方がいますが、せっかくiBooksで電子書籍を購入したのに、上手くダウンロードが行えないという方がいらっしゃるようです。アプリとの互換性を確認しないまま、アプリ内課金をおこなってしまうことは、たとえ数百円であっても控えるようにしてください。すべては利用者側の責任であり、返金してもらえない可能性もありますのでご注意ください。

apple社側で2015年09月に保証している端末・動作環境は以下になります。

iBooks は、iPhone、iPad、または iPod touch でご利用になれます。一部の機能を使うには、以下の該当する条件が満たされている必要があります。

  • iBooks 4.0 以降を使う場合は、iOS 8 以降が必要です。
  • iBooks 3.2 を使う場合は、iOS 7 が必要です。
  • iCloud で iBooks を使うには、iOS 6 以降が必要です。
  • iBooks Store からダウンロードしたり iCloud の機能を使ったりするには、Apple ID とインターネット接続が必要です。

iBooks の機能によっては、一部の国の iTunes Store (App Store) ではご利用いただけないものがあります。iBooks は、初代 iPhone や iPod touch (初代) との互換性がありません。

引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT201478

端末のメモリ不足が原因ではないか

端末のメモリ不足による、処理速度の低下がダウンロードを極端に遅くしているケースがあります。以下にメモリ解放ができるアプリをご紹介させていただきますので、動作がもっさりしていたり、操作性に違和感を感じた場合はお試しいただくと良いかと思います。

アプリ、端末の再起動は行なったか

最後に、アプリの再起動と端末の再起動をお試しください。
アプリの再起動方法(iOS9公開以前の記事ですが、ほぼ変わりません)
iPhoneの再起動方法(リセットは行わないようにしてください)

 

iBooks以外のおすすめの電子書籍アプリ

電子書籍アプリを複数持ちすぎてしまうのは好ましくありませんが、使用用途に合わせて持っておくと非常に便利です。僕の場合は、漫画関連をiBooks(更新が早い)、書籍をKindle(iBookよりも種類が豊富)、雑誌をdマガジン(月額400円で読み放題なのでコスパ最強)としています。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA