サルでもわかるASO対策:ダウンロード数を増やすためのタイトルの決め方

keywords-title

App Store, Google Playにて、どの項目がストアのランキングに影響するのかという点については、各テキスト要素とアプリストア内検索ロジックとの関連性で解説させていただきましたが、今回はアプリのダウンロード数を増加させるためのタイトルの決め方についてご説明いたします。

サルでもわかるASO対策のこれまでの流れを確認したい方はこちらをご確認ください。

ストアのランキングに影響する項目のおさらい

各テキスト要素とアプリストア内検索ロジックとの関連性で説明している内容ですが、念のためにおさらいです。

アプリストアでストアのランキングに影響する項目は以下になります。

各テキスト要素とアプリストア内検索ロジックとの関連性
アプリストア上の各テキスト要素の重要度は◯:アプリストア内検索ロジックの対象 かつ検索順位に大きく影響を与える
△:アプリストア内検索ロジックの対象 かつ 検索順位に少し影響を与える
×:アプリストア内検索ロジックの対象対象とならない。
−:アプリストア内に項目が存在しない。

そして・・・

タイトル > 説明文・プロモテキスト & キーワーズ
の順になります。

つまり、タイトル次第で大きくランキングが変動するということです。

それでは次に、実際にタイトルを決める際のポイントについて、解説していきましょう。

ASOを意識したタイトル決めのポイント

App Store

ポイント①:最適なキーワードを選定する

キーワードの選定方法については具体的なキーワードの選定方法をご確認ください。

ポイント②:タイトルに含めるキーワードは3つに絞る

キーワードの詰め込みすぎはリジェクトの原因になってしまうことがあります。3つ程度に絞り込みましょう。ただし、意図せずに含まれてしまったキーワードはカウントしなくてOKです。あくまで、ターゲットユーザーを想定して抽出したキーワードの個数を3つ以内とするように意識してください。

例えば、以下のようなキーワード群を使ってアプリ名を決めたとします。

サルでもわかるASO対策:具体的なキーワードの選定方法_サジェスト2

■抽出したキーワード:漫画、マンガ、こみっく、コミック、無料、恋愛、全巻、マンガワン、マンガボックス、アプリ、初恋、青春
※「アプリ」「初恋」「青春」は例示のために追加しています。

■タイトルA案:全巻無料漫画コミックアプリ マンガ読破(初恋恋愛青春)・・・NG9キーワードを含んでいる

■タイトルB案:無料漫画が読める マンガNEO・・・OK3キーワードを含んでいる

タイトルA案とタイトルB案を比較した際に使用するべき案はタイトルB案。
もちろん、審査が通過すればASOの効果を強く発揮するのはタイトルA案になりますが、リジェクトの可能性はかなり高いです。

補足:キーワードは3つまでとする理由のまとめ

  • Google Playではタイトルにおけるキーワードの含有率が検索順位に影響を与える。(App Storeでは考慮する必要はない)
  • キーワードの詰め込みはリジェクトの要因となる。

◼︎タイトル
タイトルに含めたキーワードの含有率(※1)が検索順位に大きく影響を与えます。
※1.含有率とはテキスト要素内で占める特定のキーワードの割合を示します。

各テキスト要素とアプリストア内検索ロジックとの関連性より

ポイント③:アプリ名を読んだだけで、使用イメージを持ってもらえるか?を大切にする

アプリ名は、コンセプトやアプリの内容を最も簡単に伝える上で、最も重要な要素です。

キーワードに偏りがちな思考を一旦リセットし、どのような文章にすれば、ユーザーにアプリのイメージ伝えられるか?という点を考え直しましょう。

タイトルA案:全巻無料漫画のコミックアプリ 漫画読破(初恋・恋愛・青春)・・・NG、正直クドい。

タイトルB案:無料で漫画が読める マンガNEO・・・OK、単純明快で良い。

ポイント④:各アプリストアのタイトルの文字制限を知る

App Store, Google Playでは、設定できるタイトルの文字数が異なります。こちらについては私も参考にしたことがある、エキサイトさんの事例を交えて説明しましょう。

App Store

App Storeのアプリ名は最大75バイトまで登録可能、iTunes Connectデベロッパガイドでは25文字以下とされています。

ただしストア上に表示される文字数には限りがあり、端末の画面サイズや閲覧しているページ(検索結果やランキング等)によっては表示文字数が変化しまいますので、③アプリの見出し文は14文字以内とすることがベストです。

App-title-setting-1

表示される文字数には制限があり、それ以降は「…」に省略されてしまう。

App-title-setting-2

端末毎に表示できる文字数が異なる。

タイトル案A:全巻無料漫画のコミックアプリ…・・・NG、全体で29文字

タイトル案B:無料で漫画が読める マンガN…・・・OK、全体で16文字

どちらも見出しはクリアですが、タイトルA案では文字数オーバーです。

Google Play

Google Playのアプリ名は最大30文字までですが、ランキングでは先頭に検索順位がつくので、順位によって表示される文字数が少し異なります。

検索結果1〜9位までは13文字10〜99位までは12文字100位以降は11文字まで表示です。つまり、ランキング上位ほど表示できる文字数が多くなってきます。

どのランキングでもタイトルが表示されるということを意識するのであれば、③アプリの見出し文は11文字までがベストでしょう。

App-title-setting-3

ランキングでは、アプリ名の前に順位が表示される。

タイトルA案:全巻無料漫画のコミック…・・・OK、全体で29文字

タイトルB案:無料で漫画が読める マ…・・・OK、全体で16文字

どちらも文字数はクリアしていますが、A案に関しては既に③アプリの見出し文が不自然な位置でカットされてしまいます。

より詳しい内容は以下の書籍に書いてあります。非常に参考になる事例が載っておりますので、購入してみてください。

参考・出典:企画からプロモーション、分析、マネタイズまで 事例に学ぶスマホアプリマーケティングの鉄則87

タイトルのチューニングを繰り返す

ASOを意識したアプリタイトルにしたとしても、効率よくダウンロード数を伸ばすタイトルを1回で見つけ出すことは不可能です。断言できます。

何度も何度もアプリタイトルの調整を重ねてから、やっとASOの施された最適なタイトルが決まってくるものなので、必ずASOのためのPDCAサイクルを回すようにしてください。

ASO-PDCA

ASOにおけるPDCAサイクル

 

今回はここまで。

次回はダウンロード数を増やすためのディスクリプション(説明文)の決め方をご紹介する予定です。

 

更新情報はfacebookの公式ページでも配信しています。

続きが気になる方はfacebookにいいね!をしておくと便利です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA